ダイエット中の食事で避けたいものとは

1ヶ月で10キロ痩せると決断したダイエット中の食事では、
数多くの栄養のバランスがとれた食材の組合わせを考えることは大切ですが、
ダイエットに望ましくない食材も存在しています。

 

例えば朝食でパンを食べるという方もお米は太りやすいからとおもわれがちですが、
本当はパンの方がが太りやすいのをご存知でしょうか?

 

うどんやパスタやパンなどの小麦成分は実は体内では分解しにくいからです。

 

体内で分解できない成分などは腸の壁に付着して代謝が非常に低下しやすくなり
ダイエットしにくい逆効果の体質に変化するのです。

 

最近では食生活の見直しに注目されていて雑穀米や玄米などには
ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、ダイエット中の食事向きの主食となっています。

 

これにより日頃の食生活で不足しょいている栄養を補うことも可能となります。

 

また、代謝の低下を招く、精白糖を使った調理もさけたほうが好ましいです。

 

精白の砂糖は、消化作用が早いために短時間で血糖値が急上昇するので、
体脂肪などとして体内に蓄積されるのが早く、短期間でメタボ体型になることも珍しくありません。

 

一般的には、人工甘味料は糖類の代用品として使用することがありますが、
人工甘味料は体内に摂取したときから依存がちになるともあって、
ダイエット中は極力避けたほうがいいでしょう。

 

その代用品の糖類として、蜂蜜や黒砂糖、メープルシロップなどの自然甘味料をおすすめします。

 

ダイエット中の食事には、脂肪分の多いコッテリ系の揚げ物などのはなるべく避けてください。

 

時間とともに消化が進むときの体内では、カロリーが多く供給されて脂肪の元になるのです。

 

少なくてもダイエットをしている間は、インスタント食品など保存料が多少含まれているものは控えてください。

 

塩分や脂肪が多くて、新陳代謝が停止するる状態にもなります。

 

よってダイエットを実施しているときは、
どんな食材が駄目なのかをよく検討して食事をするようにしてください。

 

1ヶ月で10キロ痩せる方法