メタボリックシンドロームとは

テレビや雑誌などで話題になっているメタボリックシンドロームとは、
脂質異常症、高血糖、高血圧のどれかが内臓脂肪型肥満に、
合併している状態をいうそうです。

 

一日も早く改善や対策を必要とすべき人は年々増えています。
特に年に1回健康診断を受けて検診医から冷たく「痩せなさい」と
いわれた経験のある人も多数いらっしゃるのではないでしょうか?
メタボの診断基準は日本やアメリカ、WHOでそれぞれ異なっています。

 

どんな内容で判断するのかというと、
日本では女性のウエストは90センチ以上、
男性のウエスト85センチ以上が評価条件です。

 

この条件が満たされると、動脈硬化性疾患にかかるリスクが
大きいく身体の臓器負担も大きいといえます。
メタボリックシンドロームの症状は病気の一歩手前とはいっても、
心筋梗塞をはじめ糖尿病や脳卒中などの生命を左右する病気に
将来発病しやすい体になってもおかしくはありません。

 

改善策を早急に取ることが、
いろいろな病気を未然に防ぐ対策になるでしょう。
現代人は食生活で生活習慣病の生活習慣の乱れ、
日頃の運動不足によりメタボリックシンドローム者段々増加傾向にあります。

 

特にアメリカでは成人の約25%がメタボリックシンドロームの
兆候があり将来的に発病すると言われています。
今日ではいろんな改善方法でメタボリックシンドロームの対策をすることができます。
習慣的な運動や食べるものを改めること内臓脂肪型肥満を改善し、
高血糖や高血圧から開放されることが重要となります。

 

1ヶ月で10キロ痩せる方法